漫画レビュー 講談社 音楽

『Change!』曽田正人が描くフリースタイルラップバトル!

更新日:

『フリースタイルダンジョン』の人気から再燃したヒップホップの熱。

かくいう筆者も、もともとSOUL’d OUTが大好きで、フリースタイルダンジョンから熱が再燃。今では最新の洋楽ヒップホップを聞きあさる日々を送っています。

そしてフリースタイルラップの熱は漫画業界にも及び、何作ものラップバトル漫画を生み出していました。

今回はその中の一つ、『め組の大吾』や『capeta』などの大ヒット漫画を生み出してきた、曽田正人先生の最新作、本格MCバトル漫画『Change!』を紹介します。

作者は曽田正人先生。「月間少年マガジン」にて絶賛連載中。(既刊1巻。2018年3月時点)

清楚な女の子が魅せられた、MCバトルの世界

主人公、去年 栞(こぞの しおり)は名門女子高に通う、ごく普通の女の子。清楚で窮屈な学校生活に嫌気がさしていました。

ある日、同級生の倉田 造酒(くらた みき)に「見えない首輪がついた犬」と馬鹿にされ腹が立ったしおりは、ミキがクラブに出入りしているという話を聞いて、注意を促しに向かいます。

※【コマ引用】「Change!」(曽田正人/講談社)1巻より

そこで出会ったのが、言葉を武器にフリースタイルラップで戦う、MCバトルの世界。即興で相手の言ったことを引用したりして、韻を踏みながら言い返すラップの世界に魅せられ、「私もこれ出来たらいいだろうなあ」と憧れを抱くのでした。

そんな中、ミキに乗せられて、突然MCバトルに挑むことになったしおり。全くの初心者であるしおりは相手のMCオーボエに惨敗。

※【コマ引用】「Change!」(曽田正人/講談社)1巻より

悔しさを感じたしおりは、ミキと一緒に本格的にMCバトルの世界にのめりこんでいくのです。

イチから学べる、ヒップホップの基礎知識

本作は、ラップやヒップホップのことは全く知らない初心者でも、同じ初心者のしおりと一緒に、基礎的な知識を学ぶことができます

例えば、韻の踏み方。言葉の「母音」を読み取り、同じ母音の言葉を用いることで韻を踏みます。MCバトルの場合は、相手の踏んだ韻を応用して言い返すことも。

※【コマ引用】「Change!」(曽田正人/講談社)1巻より

例えば、サイファー。何人かで輪になって即興でラップをする集まりのこと。即興でその時々の感情を言い合う、ラップの練習場のようなもの。筆者は新宿駅前で一度見かけました。

※【コマ引用】「Change!」(曽田正人/講談社)1巻より

ヒップホップは専門用語が非常に多く、一見とっつきにくいジャンル。

ですが、しおり、ミキとともに初歩の初歩から知ることができるので、ヒップホップ入門書としての読み方もできるのでは?

絵から伝わるビート、漂う緊張感

曽田正人先生の作品は、基本的には熱い男たちの緊張感漂う戦いを描いていますが、その血筋は女の子が主人公の本作でも受け継がれています。

音楽が題材の本作、ラップを乗せるビートや、相手をディスるときの勢い、観客の熱が、全て絵から伝わってくるのは先生の作風あってこそではないでしょうか。

※【コマ引用】「Change!」(曽田正人/講談社)1巻より

また、しおりの必死さ、緊張感が伝わってくるのも特徴の一つ。全身全霊でぶつかっていくしおりの姿に、心打たれること間違いなし。

※【コマ引用】「Change!」(曽田正人/講談社)1巻より

しかしながら本作、これまでの作品と比べると、女の子が主役だからか、ものすごく「爽やかさ」や「清涼感」が強いように感じますね。若干の百合要素もあり、筆者的にはここも見どころの一つです。

おわりに

いかがだったでしょうか。

曽田正人先生が、ヒップホップにドはまりしたことから生まれた本作。

ヒップホップの流行にかかわらず、月間少年マガジンを背負う大作になってくれることを願っています。

単行本も1巻が最近出たばかり。読み始めるなら今しかないでしょう。

関連リンク

-漫画レビュー, 講談社, 音楽

Copyright© 鶴のひとこえ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.