ギャグ 小学館 漫画レビュー

『翼くんはあかぬけたいのに』アニメ化待ったなし!?オシャレな変人たちと暮らすクソテラスハウス

更新日:

フジテレビ系列で放送されていた『テラスハウス』、一時かなり流行りましたね。

オシャレな住人たちがシェアハウスで共同生活をする、あの素敵な世界に憧れた人も多いことでしょう。

そこで今回は、表参道のシェアハウスを舞台にしたギャグ漫画『翼くんはあかぬけたいのに』を紹介します。

ここ最近のギャグ漫画の中ではトップクラスの、かなり秀逸なセンスを持った良作です。

作者は小花オト先生。漫画アプリ「マンガワン」とWEBサイト「裏サンデー」にて絶賛連載中。(既刊2巻。2017年12月時点)

美男美女、ただし変人しかいない

本作は、表参道にあるシェアハウスが舞台。主人公の翼くんは高校進学するため、長野のド田舎から上京し、シェアハウスに入居します。

しかし入居したシェアハウスには、翼くん含め、エッジの効いた凄まじい住人しかいませんでした。

主人公の速水翼くん。ファッションが最高にダサく、オシャレに対してアレルギーを発症する。

※【コマ引用】「翼くんはあかぬけたいのに」(小花オト/小学館)1巻より

もう一人の主人公、恋塚桃子。重度のバカで常に行動が破天荒。語尾に『ダス』がつく。

※【コマ引用】「翼くんはあかぬけたいのに」(小花オト/小学館)1巻より

シャアハウスのお兄さん的存在、赤木健二。カフェを経営。面倒見がいいが、元V系バンドマンで彼のネーミングはセンスは完全にV系そのもの。

※【コマ引用】「翼くんはあかぬけたいのに」(小花オト/小学館)1巻より

巨乳で美人なお姉さん、姫野詩世。アパレル店員。重度の腐女子で、人間はおろか、動物、無機物までもカップリングしまくる。

※【コマ引用】「翼くんはあかぬけたいのに」(小花オト/小学館)1巻より

イケメンでオシャレな美容師、兎﨑隼人。美容師。周りがドン引きするほどのドMで、罵倒されて喜びまくる。

※【コマ引用】「翼くんはあかぬけたいのに」(小花オト/小学館)1巻より

兎にも角にも、彼らを中心に物語は展開していくのですが、基本的には全員ボケ、全員ツッコミ。ついていくのに必死なドタバタ劇が繰り広げられます。

思わず欲しくなる?クソダサTシャツ

この作品を最も特徴づけるもの、それは翼くんと桃子が着用するクソダサTシャツでしょう。

これまでもいろいろな作品で幾度となくダサい服が登場してきましたが、ブッチぎりでダサいです。

大阪風のおかんと観覧車が合体した『おかんらんしゃ』。

※【コマ引用】「翼くんはあかぬけたいのに」(小花オト/小学館)2巻より

ひん剥いた眼が特徴的な『PIERO☆』。

※【コマ引用】「翼くんはあかぬけたいのに」(小花オト/小学館)1巻より

しまいにはTwitter上で『クソダサTシャツコンテスト』キャンペーンを開始し、#クソダサ翼くんなるハッシュタグで読者からダサいデザインを募集していました。

ちなみに、紹介したクソダサTシャツ、『マンガワンSHOP』にて実際に購入できます。興味のある方は是非。

たまに胸キュン?翼くん×マナティーの恋模様

シェアハウスに住む5人と肩を並べる、翼くんの同級生、倉持愛奈。通称マナティー。

彼女は翼くんのことが大好き。計算高く翼くんにアプローチを仕掛けますが、実は恋愛経験ゼロ。発想自体はなかなかのアホです。

※【コマ引用】「翼くんはあかぬけたいのに」(小花オト/小学館)1巻より

周囲の人たちは翼くんにアプローチを仕掛けるマナティーを見て楽しんでいますが、翼くん自体は恋愛感情に疎く、マナティーのアプローチに一切気付いていません。

そんな二人の進展するのかしないのかわからない恋愛模様も、この作品の重要な要素の一つでしょう。

おわりに

昨今のギャグマンガの中では、ギャグセンスが爆発していて断トツに面白いです。

アニメ化するのも時間の問題でしょう。ていうか筆者が一番楽しみにしています。

漫画アプリ「マンガワン」とWEBサイト「裏サンデー」にて無料で読めますので、ぜひともご一読ください。

関連リンク

-ギャグ, 小学館, 漫画レビュー

Copyright© 鶴のひとこえ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.